登録政治資金監査人であり監査のプロである公認会計士によりクリーンかつ透明な政治をサポート

会計帳簿

政治資金規正法 (昭和23年法律第194号)  (抄)
(会計帳簿の備付け及び記載)
第9条 政治団体の会計責任者(会計責任者に事故があり、又は会計責任者が欠けた場合にあつては、その職務を行うべき者。第15条を除き、以下同じ。)(会計帳簿の記載に係る部分に限り、会計責任者の職務を補佐する者を含む。)は、会計帳簿を備え、これに当該政治団体に係る次に掲げる事項を記載しなければならない。
 一 すべての収入及びこれに関する次に掲げる事項
 イ~リ (略)
二 すべての支出(当該政治団体のためにその代表者又は会計責任者と意思を通じてされた支出を含む。以下この条、第12条、第17条、第19条の11、第19条の13及び第19条の16において同じ。)並びに支出を受けた者の氏名及び住所(支出を受けた者が団体である場合には、その名称及び主たる事務所の所在地。次条第1項及び第12条第1項第2号において同じ。)並びにその支出の目的、金額及び年月日
三 金銭等の運用に関する次に掲げる事項
 イ~ハ (略)
2 前項の会計帳簿の種類、様式及び記載要領は、総務省令で定める。


 
○ 政治資金規正法施行規則(昭和50年自治省令第17号) (抄)
(会計帳簿の種類、様式及び記載要領) 
第6条 法第9条第1項に規定する会計帳簿の種類は、次のとおりとし、その様式及び記載要領は、別記第6号様式に定めるところによる。 
一  収入簿 
二  支出簿 
三  運用簿


 
第6条様式(第6条関係) (抄)

 

 

080523_1_si2_3_3.png

080523_1_si2_3_4.png

 

080523_1_si2_3_5.png

080523_1_si2_3_6.png