登録政治資金監査人であり監査のプロである公認会計士によりクリーンかつ透明な政治をサポート

収支報告書等の記載方法について(クレジットカードを利用した場合)

 

資料2


収支報告書等の記載方法について(クレジットカード
を利用した場合)

 

昨年10月、収支報告書等の記載等に関し、政治団体から問い合
わせが多く寄せられた事例のうち、交通事業者が運営する電子マネ
ー及びETCカードについては、簡易な記載方法を認めることが適
当である旨の見解を当委員会として示したところである。

当委員会では、政治団体からの意見等も踏まえ、クレジットカー
ドを利用した場合の記載方法の簡略化についてさらなる検討を行っ
た結果、クレジットカードが現金と同等に広く利用され、支払いま
での期間が比較的短期であること、また、クレジットカードを利用
した際に発行される書面が領収書として一般に認知されていること
等を踏まえ、以下のとおり簡易な記載方法を認めることが適当であ
ると考えるので、所管庁においては、その取扱いを検討されたい。

 

○クレジットカードにより、物品やサービス等を購入した時点で、
支出の目的ごとに支出額を計上する。

○実際の現金の流れを補足するため、「備考」欄にクレジットカード
支払である旨、口座振替時点等の情報を記載するのが望ましい。

○なお、口座振替の利用は「領収書等を徴し難い事情」に該当する
ものであるが、この場合、「領収書等を徴し難かった支出の明細書」
に記載する扱いとはせずに、クレジットカードを利用した際に発
行される書面を領収書等として取り扱うこととしても差し支えな
いものと考える。

 

 
支出簿
項目摘要
2 政治活動費
(1)組織活動費食事代50,000H21.1.20○○店
クレジットカードによる支払
H21.3.10 ○○カード
(3)機関紙誌の
発行その他の
事業費
会議室借上代30,000H21.1.25○○ホテル
クレジットカードによる支払
H21.3.10 ○○カード
合計80,000
支出の目的
金額年月日
支出を受け
た者の氏名
備考